悪質なペットシッターを避ける方法

ペットシッター選びは大変重要です。

コロナ禍でペットの預け先に不安を思っている方が増えています。

緊急入院で急いでいたので業者を調べる余裕がない!なんて方もいると思います。

ペットシッター選びで重要なポイント5つお教えします。

⇒無料で相談可能なおすすめペットシッターはこちらへ

ペットシッターで悪質な被害を避けるポイント1

第一種動物取扱業の番号確認しよう。

顧客のペットを預かって仕事を行うには第一種動物取扱業の登録が必要です。

インターネットを利用した訪問ペットシッターなどのように

動物またはその飼養施設を持っていないケースであっても

登録の対象となっています。

そのためHPなどで番号を確認しましょう。

会社概要などに記載されていることが多いです。

ペットシッターで悪質な被害を避けるポイント2

悪質なペットシッターを避ける方法

道ばたには匂いの付いた割り箸や菓子パンの袋などが良く落ちています。

散歩の途中に路上のニオイゴミを誤飲してしまうことがあります。

緊急時に獣医師と連携が取れるか?

どこの病院に行くのか?などの事前連絡が必要です。

今は獣医師監修のペットシッターもあるので

誤飲が多い子などの場合はそちらを利用するのが良いです。

獣医師が監修したペットシッターはこちら

ペットシッターで悪質な被害を避けるポイント3

ペットを守る保険に入っているか?

ペットを預かって飼育している最中にケガ等をさせてしまう可能性があります。

散歩中に犬が通行人や他の犬に咬みつき怪我をさせてしまった。

そういった場合でも保険があれば対応できます。

ペット用の損害保険に加入しているか?もポイントとなります。

証明書などが店舗や施設などに貼られている事もあります。

悪質なペットシッターを避ける方法

もしもの時の保険はあるのか? 確認しておきたいところです。

ペットシッターで悪質な被害を避けるポイント4

悪質なペットシッターを避ける方法

顧客の急なお願いに対応できるか?

ペットを預けるときには仕事が急に入ったり

自分の体調が悪くなったりしたときにお願いできるか?が重要です。

最近ではコロナ禍による急な体調変化で家族がホテルに隔離されるなど

ペットを預ける場所がない! と不安な方が多いと思います。

そんな時に対応していただけるか?これも重要なポイントです。

営業時間外の場合、料金が割り増しになることが多いです。

ペットシッターで悪質な被害を避けるポイント5

悪質なペットシッターを避ける方法

ペットの食べ物の好みに対応してくれるか?

市販の缶詰に茹でたササミ肉やかぼちゃを混ぜて

健康に気を遣った食事をさせたいなどの注文があった場合

ペットシッターの方がそれに対応してくれるか?

と言うのも重要なポイントです。

この場合、ペットシッターの方に鍵を渡して家に入れるため

本当に信頼できるのか?一度カウンセリングなどを受けて

人柄などを知っておきたいところです。

家に入れたくない人もいるかも知れませんが

ペット部屋だけ入って特定の部屋には

入らないようにお願いするなどの対応もできます。

最近では家の中に監視カメラを設置するご家庭もあり

スマホで遠隔地から家の中をリアルタイムで確認できます。

そのため不安はそれほど無いと思います。

ペットシッターを選ぶ前にカウンセリングに行ってみる。

ペットシッターをお願いする場合は殆どの会社で

事前の面談が必要となっています。

・ペットの性格や好み、

・日頃の様子

・食事の内容

・健康状態

・糞尿の始末の方法

他にも細かく聞かれると思います。

そこで誠実に話しコミニケーションが取れるかどうかお互いに判断する事になると思います。

まずは相談だけでもしておけば安心しますのでカウンセリングはお勧めです。

無料でカウンセリング可能なペットシッターはこちら

ペットシッターで悪質な被害を避けるためのまとめ

悪質なペットシッターを避ける方法

腹の立つ体験を経て信頼できるペットシッターの選び方を考えました。

重要なポイントだけ抑えるだけでも全く違います。

皆様も家族であるペットと快適な生活をおくるためにも

信頼できるペットシッターの方と仲良くしておくことが大切です。